2010年05月20日

うつ病対策とやや森田式

これは自分の経験から知ったことですが、暇だとロクなことを考えない。

人は誰でも、多かれ少なかれ悩みを抱えていますが、自分自身が暇なときは、ふとそれを考えてしまう。

特に夜はいけない。
夜は魔物が住んでいるがごとく、夜に考えることは大体後ろ向きなこと。第一暗いのがよくない。

うつ病の正式な治療法に森田式というのがありますが、私が実践するのは「やや森田式」もしくは「ぷち森田式」。
日々、なんとな〜く充実していないと、やな事ばかり思い出して、いろいろ考える。それでどんどんうつっぽくなってくる。

そんな時はとにかく忙しくしましょう。
読書にふけるのもいいし、とにかく全く関係ないことを黙々とする。
考える隙を与えないと、やな事も思い出さないし。

それが現実逃避だっていい。先のことなんて、明日のことすら誰もわからないんです!

「いま直面していない問題をあれこれ悩むのは、あまり賢いこととは思えない。」と言ったのは自民党の元大臣。

忙しくしているうちに、形勢はどんどん変化していくのです。
夜は何も考えず、スコンと寝るに限るのです。

ではおやすみなさい。


ラベル:うつ病 森田式
posted by にゃたろう at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。